睡眠時間を確保しながらのバストアップ

2015-02-03_064412

現在では、睡眠時間を確保することで、バストアップの可能性を高めることが積極的に実践されているのではないかと思います。睡眠時間が十分に確保されることで、バストの成長を促進する作用が強くなると考えられています。

 

特に、成長ホルモンはバストアップには欠かすことのできないものであり、確実に睡眠時間をとることが、そのホルモンの分泌を促すとされています。そのため、睡眠時間の足りない状況を回避して、効果的にバストアップを進めることが望ましいと認識されています。

 
このような考え方は、特に若い年代の人から強く見受けられているのではないかと推測されています。意識的に睡眠時間を多目に確保して、バストアップを図ろうとするケースが多いと考えられており、様々な方面からの関心も強くなってきています。

 

睡眠が十分にとれるようになると、バストアップの他にも体力の回復などのメリットも出てくるため、積極的に実践することが推奨されています。体を休めながらも、高い確率でバストアップの図れる習慣であり、睡眠時間を確保することは強く望まれるのではないかと推測されています。年代を問わず、こうした合理的なバストアップ方法がしばしば展開されていくでしょう。

 

目に見えてわかるバストアップ方法

私は、胸が小さめです。
「お洋服が、きれいに着られるのにな~」なんていうのは、大人になった今でも思いますが、
思春期は、「胸が大きい=ちょっと大人の女性」なんていう風に思っていたので、これでも結構、努力したと思います。

 

牛乳を飲めば大きくなるとか、実はキャベツが良いとか、から揚げが・・・なんて聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
・・・でも、私は食べ物系は、色々と試しましたが、実際大きくなんてなりませんでした。
ちょっとお高めな海外ブランドのバストアップクリームなんかも、何種類か購入した記憶もあります。

 

そんな私が唯一、目に見えてわかったのは、大胸筋を鍛えて のバストアップです。ふだんの生活であまり使わない大胸筋を鍛えて、 バストアップ を目指しました。

 
胸の前で、両方の腕を合わせて止めたり、大胸筋を意識しながら肩を耳につける勢いで行うエクササイズは、特に効果があったと思います。
胸の内側の谷間がはっきりしてきて、大きくなったというか、本当に形がキレイになりました。

 
運動は大の苦手な私ですが、簡単で手軽ですので今でも、ちょこちょこと、大胸筋を鍛えて のバストアップを続けられています。
普段使わない筋肉だけあって、やった分は目に見えてきれいになるので、楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です