簡単にできるバストアップ法|ビーアップとマシュマロヴィーナスどっちがいい?

2015-02-22_202412

バストアップしたいけれども「バストアップするためには定期的に運動する必要がある」
「野菜をたくさん食べたりして体調をしっかり管理しなければならない」など
面倒くさいことをしなければならないと思っていませんか?

そこで今回は、今日から気楽に、そしてすぐにできるバストアップ方法を紹介します。

1.睡眠をとる

睡眠をしっかりと取るとバストアップします。
バストアップするためにはバストの乳腺を発達させる必要があり、そのためにはエストロゲンなどの女性ホルモンが必要になります。
その女性ホルモンは睡眠中に多く分泌されるため睡眠をしっかりと取るとバストアップにつながります。
また、女性ホルモンが十分に分泌されるためには7時間以上の睡眠をとる必要がありますので、普段から寝不足と感じていましたら、今日からしっかりと睡眠をとってバストアップをしましょう。

2.お風呂に入ろう

シャワーを浴びることよりもお風呂に入るとバストアップにつながります。
お風呂に入ると体が温まり、血行が良くなって体中に栄養が行き渡るようになります。
その体中には乳腺も含まれているため、結果としてバストアップにつながります。
さらにお風呂に入ると、興奮状態の交感神経から体をリラックスさせる副交感神経に切り替わります。
すると、体からエストロゲンなどの女性ホルモンが大量に分泌されるので、さらなるバストアップ効果につながります。

なお、副交感神経に切り替えるためには、適切な温度のお風呂に入る必要が有りますので、熱すぎる風呂には入らないように気をつけて下さい。
適切な温度は40度前後とややぬるめの温度なため、誰でも気軽に入れますのでシャワー派の人はコレを機会にお風呂派に切り替えてみてはいかがでしょうか?

3.タンパク質を食べよう

タンパク質はバストアップにつながる食べ物です。
「バスト=脂肪」というイメージをしている人は多いと思いますが、バストを大きくするためには乳腺を発達させることが必要不可欠であり、それにはタンパク質が必要となります。

タンパク質にも動物性や植物性など様々な種類がありますが、特にオススメなのが大豆製品です。
大豆には大豆イソフラボンたくさん含まれており、それが女性ホルモンと似たような働きをするため、たくさん食べるとタンパク質と女性ホルモンの2重効果でバストアップにつながります。

大豆イソフラボンは摂取するには豆腐を始め、納豆や味噌汁などの大豆製品を食べればOKですが、大豆以外ですと、葛からも大豆イソフラボンを摂取することができます。

 

ビーアップもマシュマロヴィーナスもどちらも配合成分が最高級ですが、今はマシュマロヴィーナスの方が人気のようですね!

バストアップサプリメントなどに使われているプエラリアは、摂取しすぎると身体に良くないと言われています。

 

しかしそのプエラリアを発酵させ低分子化させることで、少しの量でも効率的に栄養価を吸収できるようになりました。

 

このことにより、身体に負担をかけず、マシュマロボディを作り上げることが出来るのです。

 

引用元:マシュマロヴィーナス口コミ|効果なしって本当?本音の声とは?